みなさん、血管年齢という言葉をご存知でしょうか? 血管年齢とは、その名の通り、血管の年齢のことで、高ければ高いほど動脈硬化になりやすいといわれています。 これは老化によって血管壁が硬くなってしまって、血液の流れが悪くなるからです。 動脈硬化になると、様々な重大な病気を併発する恐れがあり、命を落とす危険もあります。 そのため、血管年齢が実年齢よりも高い場合は注意が必要です。 この血管年齢と血液ドロドロは、大きく関係していると思ってください。 ドロドロした血液は血管年齢を高めますし、血管年齢が高いと血液をドロドロにしてしまいます。 片方が悪いともう片方も悪くなるので、血管年齢と血液ドロドロには日々気をつけた方がいいです。 血管年齢と血液ドロドロを改善するためにも、食生活の見直しが重要になってきます。 栄養が偏った食生活をしていると、ますますどちらも悪化するので、肉ではなく野菜や魚を積極的に食べるようにしてください。 そうすれば、どちらも正常に戻るはずです。