*

日記

事前調査をしっかりしよう

とうとう仕かける時という状況では何をおいても事前調査をサボってはいけません。

取引を始める前であるならば、その物を落ち着いて眺める事のできる余裕がある。

だが、ひとたびトレードの中に入ってしまうとどうしても受け取り方が主観的になる場合があり重要な時に冷静な判断が出来なくなる恐れが生じる。

 

そのためにあなたの考えが客観的な段階で、準備する事が大切なのだ。

 

この"準備"とは、とにかくあなただけの脚本を考える事からスタートする。

 

明日からのこの通貨はこうなってああなるから、この外貨を取引するみたいに、自分だけの脚本を書いていきます。

その次は為替チャートを調べましょう。

 

これまでの市場の上げ下げを見定めて、今の位置を調べます。

 

すると、「結構行き過ぎた段階である」とか、あるいは「すでに多数の投資家の方々が買い(あるいは売り)に動いているからこの後大急ぎで取引してももはややりようがない」などと見えてくる。

 

無論もう売買するのが遅いと思ったら、その状況ではすっぱりと吹っ切ることが大事です。

どうしても自身の脚本を押し通して、強引にトレードすると、マーケットにやられてしまいむしろ損害を受けることになる危険があります。

 

ただし多くの場面で、準備が整った自らのストーリー展開を描いていると、エントリーが手遅れということにはならないでしょう。

 

大方、実際に市場が上げ下げする前の状況のはずです。

 

次に、とりあえずは自らが売買しようとしている外貨ポジションの上下動を見る事が大事です。

 

もしも、円安が進むというストーリー展開を書いたのであれば、ドル円の上げ下げに注目する事が大切です。

外国為替相場の動きを注視し始めたばかりではまだその通貨は目立って推移する様子を見せず、上や下に小幅な上げ下げをしているだけでしょう。

ところが、その上げ下げを調べているとあるところで着実に、円安へと市場が推移し始めます。

 

このチャンスでいよいよ、ドル円の注文をします。

基本的に、そこまで緻密に事前の準備をしておけば、その売買で利益を上げる割合は結構高まります。