*

思い出

負の整理

任意整理は一般的に負債の整理というふうにも呼ばれていてそれらのお金の貸し手に支払いを行うことを選択した債務整理の手順になります。

一般的な流れですが司法書士事務所それから弁護士の有資格者貸方と借り手との間に立って話し合い、利息制限法に従って適切な利息計算をして一から計算した借り入れた元金にかかる金利を下げる方法で3年程度の期日をめどに返済していく整理手順です。

 

この手続きの場合には裁判所といった公の機関が管理することはないためこれとは異なる選択と比較した場合でも利用した場合における不利な点があまりなく、方策がそれほど頭の痛い問題にならないので真っ先に考慮してもらいたいやり方といえるでしょう。

 

さらに、債権者がヤミ金業者といった高い金利の場合、利息に関する法律で決められている金利などをゆうに超えて支払った利息は借金の元金に充てると判断され借入元金そのものを少なくすることも可能です。

 

なので、サラ金といったとても高い借入金利のところにある程度長い期間返済している例ではかなりの金額を減らせるような場合もありますし十数年返済してきた例では元金そのものが消滅してしまう場合もあります。

 

任意の整理のメリットについてですが、自己破産手続きと異なり一定のお金だけを処理することになりますので連帯保証人が関連する借入以外について検討する際や自動車ローンを別として検討したい場合などでも申請することが可能になりますし、財産を手放してしまう必要がありませんので自動車や有価証券個人資産を持っていて、手放してしまいたくない場合などでも選択肢になる借金整理の手続きです。

 

しかしながら、手順を踏んだ後の返済に必要となる額と実際として可能な収入額を比較検討して、妥当な範囲で返済の目処が立てられるようである場合はこの方法で手続きを進めていくほうが良いですが破産申告と異なり返済義務がなくなるということではありませんので元金の総額が巨額な場合においては、残念ながら任意での整理の方法を取るのは難しいということになります。

 


最近の記事